大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンの美白効果は

イソフラボンに美白効果があることは、化粧品に使用されることからも分かります。
シミやそばかす、くすみのある肌は、全体的に肌のトーンが下がって見えてしまいますね。
そこで、イソフラボンの具体的な作用についてご説明します。

イソフラボンには、抗酸化作用があります。
酸化とは、常に酸素を取り入れ生活している私たちには切っても切れないものです。
体内の細胞が一部、酸素に反応して「活性酸素」というものに変化し、これが増えすぎることで、お肌の表面にメラニンが作られる原因となります。
メラニンはシミやそばかすの原因なので、身体を酸化させないことが重要なのです。

イソフラボンのもつ、この抗酸化作用によって、メラニンが作られるのを抑制し、結果的にシミやそばかすを予防することができます。
また、予防だけでなく、すでにできてしまったシミやそばかすに対しても効果的です。
肌代謝を活発にし、新しい表皮細胞が誕生して古い細胞を排出するというサイクルを早め、
改善を促します。
肌のターンオーバーが正常に行われることで、肌全体のくすみにも効果が期待できます。

毎日の食生活に大豆食品を取り入れたり、手軽なものにサプリメントもありますが、肌への効果をより感じたいのであれば、化粧水、クリームなどの化粧品を使用するのがおすすめです。

化粧品に使用されているイソフラボンは、化粧品用として特殊に開発されています。
食品のイソフラボンが糖と結合された低吸収型「グリコシド型」であるのに対し、高吸収型「アグリコン型」のイソフラボンは形状が異なり、その吸収率は3倍以上ともいわれています。
また、ナノカプセルに閉じ込めてから化粧品に配合することで、表皮からの吸収に更に特化したものとなっています。

イソフラボン含有の化粧水は保湿力にも優れているため、美白化粧水の使用感にありがちな、乾燥からも肌を守ってくれます。
また、クレンジングや洗顔料など、日々の習慣に更に取り入れやすいものもあります。

ただし、あくまで規則正しい生活やバランスの良い食生活が基本ですから、補助的な位置づけで使用すると良いでしょう。
根気よく継続的に使用することで効果が表れるでしょう。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.