大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンのムダ毛対策

今や女性だけでなく男性にも、体毛を薄くしたいと考える人は増えているようです。
イソフラボンは、ボディローションや脱毛クリームなどによく使われていますが、イソフラボンの抑毛効果にはどのようなメカニズムがあるのでしょうか?

(1)なぜ体毛が濃くなるの?
最大の理由は、ホルモンの影響です。
男性は、男性ホルモンの影響から女性よりも体毛が濃くなりやすく、女性は、女性ホルモンの影響を受けるため、体毛が薄くなりやすいとされています。
しかし、体毛の濃さを決めるのは性別だけではなく、遺伝的な要因やストレス、食生活なども少なからず関係しているといわれています。

(2)体毛はどうやって作られるの?
体毛は、根元にある毛包という組織の中の「毛乳頭」という細胞のはたらきで作られます。
この毛乳頭のはたらきが活発だと、濃く太い毛が作られます。

(3)女性ホルモンがもつ抑毛効果とは?
男性より女性の体毛が薄いのは、女性ホルモンの影響であることは上でご説明しました。
具体的にいうと、女性ホルモンの「エストロゲン」が、毛を作り出す毛乳頭に作用して、そのはたらきを抑えることができるのです。

(4)体毛を薄くするには?
体毛を薄くしたいからといって、注射や医薬品で身体の外からエストロゲンを補うことは、医療目的以外では認められません。

そこで、エストロゲンと分子構造やはたらきが似たイソフラボンが、エストロゲンに代わって同様のはたらきをしてくれるのです。
イソフラボンなら、豆腐や味噌、納豆など私たちが日ごろから食べている食品にも豊富に含まれていますし、気軽に体外から補うことができます。
食事での摂取の他にも、イソフラボン入りボディーローションや化粧水、脱毛クリームなどを使用することで、少しずつ体毛が薄くなってくるでしょう。
しかし、効果を実感するには、毎日継続的に使用することが必要です。

また、食生活を見直すことも大切です。
現代では、肉や魚を中心とした食生活が増え、日頃から野菜が足りていない人が多いといわれています。
動物性たんぱく質ばかりを摂取し、植物性たんぱく質が不足していると、男性ホルモンの分泌が促されてしまうのです。
男性ホルモンは体毛を濃くするというはたらきがありますから、体毛を薄くしたい人は、植物性たんぱく質を充分に摂取することでその分泌を抑えることができます。

また、脂質や塩分の多いものを食べていると、毛穴から毒素を排出するはたらきによって毛が抜け落ち、太く濃い毛に生え変わることでどんどんと全身の体毛が濃くなってしまいます。

日々のストレスをため込むこともまた、男性ホルモンの分泌を活発にしてしまうため、上手なストレスの発散方法を見つけておくことが大切です。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.