大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンのスキンケア

イソフラボン含有のスキンケア商品は、肌質や年齢を問わず使用することができ、さまざまな効果が期待できることから、長年にわたって不動の人気を誇っています。

化粧品、サプリメントなどで女性にはおなじみのヒアルロン酸やコラーゲンは、女性ホルモンであるエストロゲンのはたらきによって、通常体内でも生成されています。
しかし、エストロゲンが減少すると、保水・保湿を担っているヒアルロン酸やコラーゲンの生成能力も低下します。
これがお肌に張りや弾力がなくなったり、たるみやしわの原因となっているのです。

エストロゲンを疑似的に増やすことのできるイソフラボンは、ヒアルロン酸やコラーゲンなどお肌に欠かせない成分の生成能力を高めます。
ですから、ヒアルロン酸入り美容液などの化粧品を単体で使用するよりも、イソフラボン入りのスキンケア商品と一緒に使用することで、相乗効果が望めるということが分かります。
まずは、ホルモンバランスを整え、使用した化粧水や美容液などの水分をキープできるお肌にする、ということが大切なのです。

イソフラボンには、お肌が酸化するのを防ぐ抗酸化作用があります。
お肌が酸化してしまうと、シミやそばかすなどのくすみの原因となりますが、このくすみをつくるメラニンに対しても作用します。
細胞のターンオーバーを早めることで、予防はもちろん、すでにあるくすみも排除することができます。

更に、スキンケアとして望めるもう一つの効果は、産毛やムダ毛を減少させることです。
体毛は男性ホルモンのはたらきによって作られますが、エストロゲンに似たイソフラボンは、毛を作り出す細胞にアタックして、体毛を薄くすることができるのです。
この効果は女性だけでなく、濃いひげや体毛に悩む男性にも有効です。

これらの効果は、イソフラボン入り化粧水や乳液などの、スキンケア商品だけにとどまりません。
イソフラボンは大豆製品に含まれ、気軽に食生活に取り入れることができます。
日頃から納豆や豆腐、ひじきなどの和食が中心の食事であれば、摂取はそれほど難しくはないでしょう。
どうしても和食から離れがちの食生活をしている人は、一日一杯の豆乳や、大さじ一杯のきなこだけでも、一日に必要な摂取量を満たすことができます。
身体の外からだけでなく、体内からも摂取することで、さらなる効果が期待できます。
お肌のためにも、毎日イソフラボンを身体の内外から補うようにしましょう。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.