大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

きな粉に含まれるイソフラボン

きな粉は、昔から「畑の肉」に例えられるほど、栄養が豊富な食材です。
大豆をそのまま粉末状にすることで、含まれる栄養素が丸ごととれるだけでなく、大豆そのものよりも消化がよくなります。
ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富なきな粉ですが、今回はイソフラボンに注目してみましょう。

イソフラボンは、化粧品やサプリメントに含まれることが多い成分です。
女性ホルモンと同様の効果があることで知られ、女性には身近な成分として、すでに一般的な成分です。

保水力を高めて美しい肌を保ったり、メラニンに作用して美白効果が望める他、頭痛や不安などをはじめとするPMS症状を改善したり、骨粗しょう症や乳がんの予防など、美容にも健康にも大変役立つ成分です。
様々な効果があるイソフラボンですが、食物に含まれる栄養成分のため、医薬品のような即効性はありません。
これらの効果を実感するには、必要な量を毎日続けてとることが大切なのです。

イソフラボンを食品で摂取する場合、1日に豆腐では1丁、納豆では2パック、豆乳では200mlが必要です。
しかし、この量を毎日食べ続けるのは、相当好きでなければ難しいかもしれません。

それほどの量を毎日食べられない人や、大豆製品を好きでない人が、イソフラボンの必要摂取量を満たすにはどうしたらよいのでしょうか。
そこで、ほかのどの食品よりも栄養成分を効率的に摂取できる、きな粉をおすすめします。
きな粉なら、1日にたった大さじ1杯で、この必要摂取量がとれてしまうのです。

牛乳に入れてきな粉牛乳にすれば、忙しい朝にも飲みやすいのではないでしょうか。
レンジで軽く温め、オリゴ糖やはちみつを入れると、お腹に優しい飲み物になります。
飲むタイミングは起きてすぐ、他の栄養を取り入れる前が一番栄養の吸収が良い時です。
きな粉を朝食代わりにヨーグルトにかけて食べるのも効果的です。
どれも気軽にとれるので、普段朝食を食べる時間がないという方にもおすすめです。

きな粉は、お餅につけるのはもちろん、パンやクッキーに混ぜて焼いたり、茹でた野菜に和えたり、煮物にふりかけるなど、たくさんの食べ方があるので飽きにくいですね。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.