大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

大豆イソフラボンを使ったアイテム

ドラッグストアやスーパーなどの売り場では、化粧品から日用品に至るまで、実に多くのイソフラボンを使用したアイテムを見かけます。
イソフラボンは用途や目的の違うものに共通して使用されていますが、それぞれにどのような効果を見込んで配合されているのでしょうか?

(1)化粧品
イソフラボン入り化粧水、乳液、美容液、クリームなどの基礎化粧品は多くのメーカーによってシリーズ化され、豊富なラインナップがあります。
その多くは、豆乳を一度「豆乳発酵液」というものに加工してから配合しています(「豆乳発酵エキス」などと呼ばれる場合もあります)。
豆乳に乳酸菌などを加えて発酵させ、その培養液にエタノールを入れてろ過することでできるエキスが、豆乳発酵液です。

豆乳発酵液はイソフラボンを高純度に含むため、乾燥を防いだり、肌の調子を整えるなど、基礎化粧品に配合することで高い効果を発揮すると考えられています。
また、大人ニキビの原因を根本から取り除くとして、ニキビケア商品も人気です。
それだけでなく、シミやそばかす、くすみを防いだり、メラニンを抑制するはたらきもあるため、美白美容液などの美白を目的とした化粧品に用いられることも多くあります。
イソフラボン含有化粧品は子供から大人まで年齢に関係なく使用でき、どの年代の方にも変わらず効果があります。


(2)日用品

豆乳発酵液から得られるイソフラボンは洗顔フォーム、クレンジング、ボディーソープなどの日用品にも使われています。
保湿力が高いため、肌を洗浄することで失われがちな水分を守ります。
洗顔や入浴後に肌の乾燥が気になり、焦ってローションなどをつけている人におすすめです。


(3)サプリメント

大豆食品から得られるイソフラボンは吸収率が低いものが多いのに対し、サプリメントには吸収率を高めたイソフラボンが使用されているものがあります。
食事からとるよりも効率よく摂取できるため、サプリメントはおすすめです。

イソフラボンは肌の保湿や美白、またはバストアップなどの美容を目的としたサプリメントに使用されるほか、健康を目的としたサプリメントに使用されることもあります。
イソフラボンの分子は、女性ホルモンと同様のはたらきをします。
不足した女性ホルモンを疑似的に調整することで、ホルモンバランスの崩れによって起こる更年期障害、骨粗しょう症などの予防や改善に効果があります。

ただし、化粧品や日用品などとは違い、サプリメントには摂取量に上限があります。
乳幼児、成長期、妊娠・授乳中の女性は摂取が推奨されていないため、サプリメントを摂取する際は注意が必要です。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.