大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンサプリの種類と飲み方

イソフラボンは、豆腐や豆乳など大豆製品に含まれる成分です。
毎日の食事から、通常の量において大豆製品を摂取する際にはあまり気にしなくても良いのですが、イソフラボンは食品安全委員会によって、一日の摂取量の上限が決められています(70〜75mg)。

さらに食事に加えてサプリメントを服用することを「サプリメントでの上乗せ摂取」といい、サプリメントでの上乗せ摂取上限量は、1日に30mgまでとされています。

平成14年に行われた調査では、日本人のイソフラボン摂取量は、必要摂取量の1/3にも満たないという報告がされています。
毎日の食生活でできる限り上限量に達する程度のイソフラボンを摂取することが望ましいですが、食の欧米化や多忙な現代人にとって、それは今や容易なことではありません。

それに、大豆製品の多くは「グリコシド型」といわれる吸収率の低いイソフラボンが含まれているため、あまり摂取方法として効率が良いとはいえません。

そこで、毎日の生活の中で足りないイソフラボンを上手に補う方法として、サプリメントが有効です。
吸収率の低い「グリコシド型」に対して、「アグリコン型」という吸収率の高いイソフラボンは、味噌や醤油などの発酵食品に多く含まれています。
サプリメントには、このアグリコン型が採用されているため、より効率よく摂取することができるのです。

ただし、全てのサプリメントにアグリコン型イソフラボンが配合されているとは限りませんので、サプリメントを選ぶ際には、表示を確認してください。
飲み方と摂取量を守り、イソフラボンの効果を十分発揮させられるようにしましょう。

服用する時間やタイミングに決まりはありません。
好きな時に飲むことができますが、飲み忘れを防ぐためにも、毎日同じような時間に服用することをおすすめします。

注意点としては、妊娠・授乳中の女性や、15歳以下の成長期の女性が服用することは推奨されていません。
また、服用中の医薬品がある場合は医師への相談を行ってください。
大豆アレルギーを持っている人は、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

一日の服用量などは、基本的にパッケージの表示を参考にしてください。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.