大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンでヘアケア

髪の傷み、薄毛や脱毛といった髪に対する悩みは、年齢や性別を問わず抱えている人も多いことと思います。
ヘアオイルや育毛剤など、髪の外側からアタックするヘアケア商品はよく売られていますが、今回は髪に良い栄養素のひとつであるイソフラボンを取って、身体の中から根本的にヘアケアをしてみよう、というお話です。

傷み、パサつき

女性の髪に対する悩みで最も多いのは、ヘアカラーやパーマ、ドライヤーの熱による傷み、乾燥して起こるパサつきです。
化粧水などのスキンケア商品にも配合されているように、イソフラボンには、保水力や保湿力を高める効果がありますが、この乾燥を防ぐ効果は肌だけでなく髪にもいえることです。
イソフラボン配合のシャンプーやリンスを使うとともに、大豆食品やサプリメントなどで身体の中からも補い、効果を高めましょう。


健康的な髪を生やす

また、病気の予防やシミの改善などの効果に注目するときに言及される
・血流をよくする
・細胞や肌の新陳代謝を促す
といったイソフラボンの作用も、髪質の改善に関係があります。
当然、頭皮の状態が悪いと、健康的な髪が生える環境であるとはいえません。
新陳代謝や血流が促され、頭皮の環境が整うことによって、ハリとつやのある美しい髪を育てます。


脱毛症の改善

脱毛や薄毛を引き起こす作用のある男性ホルモンに対して、女性ホルモンには抑制する作用があります。
女性よりも男性に薄毛で悩む人が多いのは、女性よりも男性ホルモンの影響が強いからです。
女性も更年期を迎えて女性ホルモンの分泌が少なくなってくると、次第に薄毛で悩む人が増えてきますが、どちらの場合も、イソフラボンで女性ホルモンのはたらきを補うことで、男性ホルモンの脱毛作用を抑えることができます。

イソフラボンには、男性型脱毛症(AGA)の原因物質を抑制する作用もあるといわれています。
5αリダクターゼという酵素は、テストステロン(男性ホルモン)をジヒドロテストステロン(別名悪玉男性ホルモン)に変換します。
こうして変換されたジヒドロテストステロンが男性型脱毛症を引き起こす原因といわれていますが、イソフラボンは、この5αリダクターゼの作用自体を抑え、根本から改善します。

また、唐辛子に豊富な辛み成分・カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取すると、更にその効果を高めます。
この二つを組み合わせたサプリメントも販売されていますが、豆腐とキムチ、マーボー豆腐、スンドゥブなどレシピも多様な組み合わせですから、食事で摂取することもおすすめです。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.