大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンでイライラが改善

生理前に小さなことでイライラしたり、怒りっぽくなったりしてしまうのは、PMS(月経前症候群)の症状の一つです。
また、同様の症状は更年期障害の症状の一つとしても挙げられます。
PMSや更年期障害以外でも、年齢にかかわらずこのような精神的な症状に悩まされる女性は多いといいますが、少しでも緩和させたいと思う方には、イソフラボンの摂取をおすすめします。

1.PMSの場合

生理前にイライラする原因は、エストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加することによって、ホルモンバランスが崩れることにあると思われます。
プロゲステロンが優位な状態では、イライラや焦燥感のような症状が表れやすい傾向にあります。
PMSの症状には、頭痛や腹痛、むくみや肌荒れなどの身体的症状もあり、それらを感じることによって精神的にもまた不安定になったり、イライラしてしまうことがあります。


2.更年期障害の場合

更年期のイライラは、エストロゲンの急激な減少によって起こります。
脳は閉経前と同様にエストロゲンを出すよう、卵巣に指令を出しますが、閉経し徐々に老化していく卵巣は、脳の指令通りにエストロゲンを分泌することができず、ここに差が生まれてしまいます。
この差が自律神経を混乱させ、ほてりやのぼせ、頭痛などの身体的症状に加え、イライラや落ち込みといった精神的症状としても表れます。


どちらの場合も原因はエストロゲンが減少していることにあるため、症状の改善を図るには、減少したエストロゲンを補う必要があります。
イソフラボンは、エストロゲンと化学構造が似ています。
そのため、エストロゲンに代わって同じはたらきをすることができ、ホルモンバランスを整えることができます。
また、精神的症状だけでなく身体的症状にも効果があるため、不快な症状を改善することで結果的にイライラを鎮めることができるでしょう。

豆腐、みそ、納豆、豆乳などの食材を食生活へ取り入れるのが、日本人にとっては一番自然な形での摂取の仕方です。
古くから食べてきたものですから、通常の量であれば、副作用や過剰摂取の影響などを気にせずにとることができます。
食生活へ取り入れるのが難しい場合は、摂取量に注意したうえで、サプリメントの使用を検討してみましょう。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.