大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像

「イソフラボンの副作用」

イソフラボンの副作用と聞いた瞬間、大豆食品を控えようと思いませんでしたか?
それは間違いで、通常の大豆食品は毎日きちんと摂取することは大切です。
では何に注意をすればいいのでしょうか?
誤解があっては困りますのでまずお伝えさせていただきたいのは、通常食品からとっている中で、イソフラボンの取り過ぎや、それに対して副作用があるか、ということはありません。

日本人は昔から味噌、醤油、豆腐、納豆などの大豆食品を好んで食べる傾向がありますが、それによって何らかの負の影響はありませんでした。
むしろ海外よりも骨粗しょう症や、女性の更年期障害の発生率は少ないと言われ、そのことが逆に注目を浴びているくらいなのです。
イソフラボンの構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ているため、不足したエストロゲンを穏やかに取り入れることが可能であることが分かっています。それが、閉経後の女性の骨粗しょう症や、更年期障害の方が少ないということにつながっているようです。

では何に注意をするといいのでしょう?
それは、特定栄養補助食品などでイソフラボンの強化されているものや、イソフラボンのサプリメントによる、過剰摂取によることです。
上記の二つは、通常の食品で取るよりも吸収率がいい為です。

サプリメントなどによる過剰摂取によって、確かに副作用と見られるものが発生しています。
生理中や、妊婦の方などが特に注意が必要なようです。
それはエストロゲンの分泌量が多くなっている為、その時のサプリメントでの過剰摂取は、月経周期の延長や、血中ホルモン値(エストロゲンの一種であるエストラジオールと呼ばれるもの)の変動などが起こるということが報告されています。そのためサプリメントなどでの追加摂取はお勧めできないということです。
こちらのサイトの、過剰摂取によるイソフラボンがもたらす悪影響について解説しているページも、参考になさってみてください。

さらに、人の胎児や新生児、乳児などへの影響は報告されていないものの、動物実験では、生殖器官(精巣や卵巣)に対して有害作用が報告されています。
そのために、妊婦や乳児などへのサプリメント、特定保険栄養食品などでの追加摂取は推奨していないのです。

ただし、「サプリメントや特定栄養補助食品が悪いわけではない」ということは、忘れてはいけません。
一日摂取しすぎたからといって上記のようなことが即座に起こるわけではない、ということです。あくまで「長期にわたって一日あたりの平均した目安の数字が75r」なのです。
明らかにその日の摂取量が少なかったり、日々の補助として必要範囲内の分を補うという意味では、吸収率がいい為非常に有効なものです。
乳がんや前立腺がんなどのリスクも軽減することが知られています。摂取目安は40〜50mg。閉経後の女性では目標70〜75mgとなっています。食品での大豆食品を減らそうとは考えず、追加摂取において、過剰摂取にならないようにすることが大切です。
イソフラボンの種類はこちらを参考にしてください。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.