大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンとエクオールの生成

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」と同様のはたらきをするとして、イソフラボンは常に女性の美や健康に深くかかわってきました。
そしてそのイソフラボンのはたらきの裏に、「エクオール」をうまく作り出すことができるかどうかが、重要なカギを握っているということが分かってきました。

エクオールとは?

大豆イソフラボンには、3つほど種類があります。
そのうちのひとつである「ダイゼイン」は、そのまま体に吸収されても十分に効果を発揮することができません。
ダイゼインはまず、イソフラボンの数ある作用のもととなっている「エクオール」という成分に、体内で変換されなくてはなりません。


イソフラボンの効き目には個人差がある?

ところが、ダイゼインをエクオールに変換できる人と、そうでない人がいるということが分かりました。
研究によると、その違いは腸内細菌にありました。
エクオールを変換できる人の腸内には、ダイゼインをエクオールに変換する活動をする数種類の「エクオール産生菌」がいて、その菌が活発に活動しているのです。
この菌のおかげで、ダイゼインがエクオールに変換されて初めて、イソフラボンがもつ本来のはたらきができるのです。 
このエクオール産生菌が腸内で活動している人と、そうでない人では、同様にイソフラボンを摂取しても、吸収率に違いが出てしまいます。

実際に、エクオールはダイゼインの時の状態よりも、更年期障害の症状に対しての効果が高いという研究結果もあります。


体内でダイゼインをエクオールに変換できる人は、日本や中国をはじめとする、古くから大豆製品を食生活に取り入れている、アジアの国々に多いことが分かっています。
反対に、大豆製品を食生活に取り入れてこなかった欧米の国々には、エクオールに変換できる人が少ないのです。

このことからも分かるように、普段から日常的に大豆製品を取り入れている人ほど、その成分を効率的に身体に作用させることができるのです。
ダイゼインをエクオールに変換できない人のために、エクオールそのものの食品化をする研究もすすめられていますが、今のところ商品化には至っていません。
これまで大豆製品を食べる習慣のなかった人も、これからでも遅くはありません。
少しずつイソフラボンが豊富な大豆製品を、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.