大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像

「必要摂取量ってどれくらい?」

必要摂取量は人それぞれ違うものです。
ですのであくまでも、目安量ということで参考にしていただければとおもいます。
またこちらのサイトにイソフラボンの効果的な摂り方についてかいてありますので参考にしてください。
調査の結果の数値も一緒に載せていますので、こちらも参考になると思います。
イソフラボンもどれだけ身体によいといわれていても、過剰摂取もよくないです。それはどんな食品や栄養素でも一緒です。
ではイソフラボンの必要摂取量というのはどのくらいなのでしょう?

まず、聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれないのは、75mgという数字です。
この数字は「毎日摂取して長期間の平均値において、とる場合の平均値」とされています。この数字を目安にしてくださいという意味での数字です。さらにこの数字は、150mgを毎日欠かさず錠剤として摂取していた「閉経後の女性」で服用してもらった試験の結果、30ヶ月では特に差は認められなかったものの、60ヶ月で「子宮内膜増殖症」の発症が有意に高くなるという報告を受けて、その半分の「75mgを臨床検査に基づいて、現時点での人にとって安全な摂取量」としたのです。
さらに、特定保健用食品としての、通常の食事にプラスして一日当たり大豆イソフラボンを摂取する目安を、食品安全委員会では調査しました。
一日あたり27.1mgでは、血清中のエストラジオールが有意に上昇したのに対し、57.3mgになると逆に有意に低下した、という結果が出たのです。
大豆イソフラボンとしての追加摂取量として、57.3mgを最低影響量とみなし、その約半分である「30mgを特定保健用食品として、上乗せ摂取量」と決めたのです。

これらをふまえ、「特に閉経後の女性に関して」骨の健康のために、最低摂取量を25〜30mg、更なる効果を求める際には75rを目安に摂取することが望ましいといえます。
これは毎日撮り続けても問題ない平均値ですので、ぜひ目指して摂取してください。

ただし注意が必要なのは、「まだ女性ホルモンの分泌が盛んである女性や、妊婦の方」です。
身体にいいといわれるものでも、必ずしもすべての人に必要なわけではありません。
食品での摂取目安量として、納豆なら60gのもので一日に1パック、豆腐なら半丁(約150g)ほどが理想量になります。
こちらのサイトでもイソフラボン1日の摂取量について解説しているページがありました。

ただし、人によっては十分に吸収できなければ、その必要量に満たない場合もあります。
食事が不足であったなどの補助として、サプリメントなどを利用するのもいいでしょう。ただしあくまでも栄養補助食品としての存在であると考え、量の調節などをして、上手く利用するのがいいでしょう。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.