大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンのダイエット効果

イソフラボンのダイエット効果を知れば、キレイに痩せる手がかりが得られます。

1.基礎代謝アップで痩せやすい身体をつくる

ホルモンバランスの崩れは、さまざまな身体の不調やPMS、更年期症状などを引き起こしますが、女性の永遠のテーマであるダイエットにとっても大敵なのです。
痩せやすい身体をつくるには、エストロゲンとテストステロンという二つの女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。
ホルモンバランスを整えることで基礎代謝がアップし、無理のない範囲での運動や毎日の家事だけでも、自然に体重を減らしていくことができます。


2.おすすめの摂取方法

ダイエット中におすすめのイソフラボンの摂取方法は、朝の豆乳ドリンクです。
起きてすぐ、200mlくらいの温めた豆乳に小さじ1杯ほどのきな粉とオリゴ糖を加えます。
朝ごはんをこの豆乳ドリンクに置き換えると、1日に必要なイソフラボンの摂取量を豆乳ときな粉からとることができます。
冷たい豆乳をそのまま飲むよりも、温めてオリゴ糖を加えることでお腹に優しく、食物繊維が豊富なのでお通じにも良いです。
豆乳200mlは約100kcalほどですから、低カロリーな朝ごはんとしてダイエットに効果的です。

また、お昼や夜の食事でも、和食を中心として豆腐や納豆などの大豆製品をとりましょう。
他にもおからや油揚げなどどれもカロリーが低い食材ばかりで、大豆製品にはたくさんの種類があるので飽きずに毎日食べられます。
また、これらはダイエット中に不足しがちな、たんぱく質も豊富です。
ダイエット中は食事制限などを行う場合が多く、たんぱく質が不足しがちですが、せっかく痩せられてもお肌や髪がボロボロになるなど、他のところにしわ寄せが行ってしまっては、美しく痩せられたとは言えません。
お肌や髪の健康を保つためにも、たんぱく質は積極的に補うべきです。


3.イソフラボンダイエットの注意点

イソフラボンには女性ホルモンに似たはたらきがあるため、女性らしい丸みを帯びた体型を作るという作用があります。
そのため、胸に脂肪をためバストアップさせるという効果もある一方で、下半身にも脂肪をためてしまい下半身太りしてしまうという、ダイエットにとっては反対の効果をもちます。
ダイエット効果もボディラインの変化も個人差によるものが大きいですが、もし、ダイエットに効果がないと感じた場合や、下半身太りが気になり始めた場合には、一度イソフラボンの摂取量を減らしてみても良いかもしれません。

必要な栄養素を補いながら、無理なダイエットをせずに美しく痩せられるよう、イソフラボンの豊富な大豆製品を、毎日食事に取り入れましょう。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.