大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像

「イソフラボンで綺麗になれる?」

イソフラボンで綺麗になることが出来るのでしょうか?イソフラボンの働きによる、いくつかの実験結果をここに載せています。その結果を見ていただければ、すぐに判明するでしょう。
女性らしい体を作っているのは、女性ホルモンのエストロゲンの効果で、30歳をピークに徐々に分泌量が減ってきてしまいます。
しかし、このエストロゲンと同じ働きのあるものが「イソフラボン」です。

女性では特に、聞いたことがある方も多いかもしれませんが、イソフラボンは穏やかではあるものの、エストロゲンの働きを補うことが研究結果として出ています。
その働きの一部に、肌の調子を整え、若々しい肌をサポートし、肌のハリを保つコラーゲンを増やし、細胞の新陳代謝まで高めてくれます。結果として保湿力の向上へとつながります。
さらに、シミの原因である黒色メラニン色素の元ともいえる、黒色メラニン色素前駆体と呼ばれるものの生成を、イソフラボンが抑制することも報告されていますので、美白作用も期待でき、美容効果があるといえるでしょう。

それ以外にも女性らしい身体を作る(豊胸効果や、ふっくらとした体つき)や、生理不順にも効果があります。
さらには、更年期においての実験結果には、血圧が下がったり、血中のコレステロールの値が下がるということも、報告されています。
さらにイソフラボンの成分のうち、特定の成分「ダイズイン」「ゲニスチン」「グリシチン」について、研究された中には、腹部脂肪の増加が押さえられることが有意に確認されています。さらに肝脂肪、体重、血中コレステロールや中性脂肪の増加も、同じく有意に抑制されたことが確認されました。

けれど同じイソフラボンの成分でも「ゲニスチン」ではこのような結果は認められることはなかったのに対して、ダイズインとグリシチンという成分で上記のような作用が確認されています。
さらにイソフラボンの摂取とともに、ウォーキングを行うことで、内臓脂肪を多く含む体幹部の脂肪を優位に低下させることが結果として報告されていて、体脂肪の上昇を抑えたことも実験結果により証明されています。さらにこの組み合わせは、骨粗しょう症の予防にもつながりますので、一石二鳥ともいえるでしょう。
こちらのサイトも、美容やアンチエイジングにも効果的なイソフラボンについての詳しい説明をしていました。
よかったら、参考にしてみてください。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.