大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンのクリーム

イソフラボンが化粧水、乳液はもちろん、クリームなどのスキンケア用品に多用されるのは、さまざまな美肌効果を持つからなのです。
皮膚科の医師にも推奨するという意見の多いイソフラボンには、具体的にどのような効果があるのか、ひとつひとつ見ていきましょう。

1.エストロゲンとお肌の関係

化粧品などに配合され保水力が高いことで知られるヒアルロン酸やコラーゲンは、身体の中でも生成されています。
女性ホルモンであるエストロゲンは、それを助けるはたらきをしていますが、加齢や、本来分泌が活発なはずの若い女性であっても、ストレスや生活習慣の乱れなどから不足してしまうことがあります。
エストロゲンが不足した状態では、肌が乾燥気味になったり、しわやたるみが起こりやすくなるなど老化の原因になります。


2.保湿効果

イソフラボンはエストロゲンと似た構造であることから、同じような役割を果たします。
エストロゲンを疑似的に補い、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促します。
大豆から抽出された液体は保湿力に優れており、しっとりとして浸透力の高いものが多いため、乾燥肌の方にもおすすめです。
イソフラボン入り化粧水、乳液、美容液など一連のスキンケアの最後に、クリームで仕上げれば一段と効果が高まるでしょう。


3.美白効果

イソフラボンには、シミやくすみの原因となる、メラニン生成にかかわる物質のはたらきを阻害し、肌を美白に導く効果があることが研究により分かっています。
また、肌のターンオーバーを促し、予防だけでなくすでにできてしまったシミ、くすみなどのメラニンが排出されるようにするはたらきもあります。
そのため、美白を謳うクリームにも多く配合されています。


4.抗酸化作用

活性酸素は肌細胞を老化させ、シミやくすみを作り出します。
イソフラボンの持つ強い抗酸化作用は、活性酸素を抑えるため、お肌の老化予防に効果的です。


ドラッグストアやスーパーの化粧品売り場など、イソフラボンの文字は身近なお店で頻繁に見かけます。
安く購入できるものが多いためか、若者向けと思われがちなイソフラボンのクリームですが、高価な化粧品にも引けを取らないほどの効果を持っています。
若い女性はもちろん、アンチエイジング世代の女性まで、幅広い年齢層に使用できる成分です。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.