大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンのクレンジング

化学薬品などの刺激に弱いお肌の方は、クレンジング選びにも苦労されるのではないでしょうか。
お肌への負担を考えて刺激の少ないものを選ぶと、今度は洗浄力も落ちてしまうため、メイク落ちが悪くなるのが悩みですね。
そんな方には、ぜひ一度イソフラボン配合のクレンジングを使ってみていただきたいと思います。

イソフラボンは大豆などの植物に含まれる、天然ポリフェノールの一種です。
自然からとれた成分なので、お肌に優しいのが大きなポイントです。
しわやシミを予防するはたらきがあり、お肌を若々しく保ってくれるイソフラボン入りの製品は、10代からエイジングケアを考える年代の方まで、年齢を問わず使用することができます。

クレンジングでは、イソフラボンの保水・保湿効果と、お肌の弾力をアップさせる効果を存分に発揮します。
洗浄力の強いもので洗った後に感じがちなお肌のつっぱり感が少ないため、焦って洗顔後のケアをする必要がありません。
さまざまなタイプのクレンジングが発売されていますので、お肌の状態や好みに合わせて使用すれば、洗浄力や乾燥などの悩みも同時にカバーすることができます。

洗浄力を重視する方には、オイルクレンジングをおすすめします。
ウォータープルーフマスカラや日焼け止めなど、落ちにくいメイクを落とす洗浄力に優れていながら、つっぱらず洗い上がりがツルツルになるという感想が多数です。
古い角質や油脂などをほどよく落としてくれるので、メイクをしていない肌に使用するのも効果があります。

オイルタイプの重さが苦手な方には、ウォータータイプもあります。
コットンに含ませて拭き取っても、べたべた感がなく、軽くすっきりとした使い心地で人気です。

肌への摩擦が気になる方は、保湿力の高いミルクタイプを試してみてはいかがでしょうか。
使い方のポイントは、メイクの上にのせてから数分置くことです。
その後なじませれば、力を入れてこすることなく、するするとメイクを落とすことができます。

W洗顔では肌への負担が気になるという方は、フォームタイプがおすすめです。
クレンジングと洗顔が一度で済むので、負担と手間を省いてくれ、お肌の保護と同時に忙しい毎日の時短に役立ちます。

量を気にせず使いたいクレンジングは、どれも1,000円前後で手に入るものが多く、コストパフォーマンスに優れているのも嬉しいですね。
特に、乾燥が気になる秋、冬の季節の洗顔におすすめです。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.