大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンのバストアップ効果

イソフラボンの効果の一つに、バストアップ効果があることが知られています。
イソフラボンは、実際にバストアップサプリメントにも多く使用されています。
それにはどのようなメカニズムが隠されているのでしょうか?

女性の胸の大きさには、脂肪が関係しています。
胸の1割を乳腺が、9割は脂肪が占めており、乳腺という母乳をつくる細胞の集まりを守るような形で、まわりにたくさんの脂肪がついています。
発達した乳腺のまわりにはたくさんの脂肪がつくので、胸を大きくするには、乳腺を発達させる必要があります。

乳腺を発達させるためには、女性ホルモンの一種である、エストロゲンの分泌が欠かせません。
エストロゲンには、胸や腰周りに脂肪を付け、女性らしく丸みを帯びた身体をつくるはたらきがあります。
生理前に胸が張って痛みを感じたり、胸が大きくなったりするのは、一時的にエストロゲンが多く分泌され、乳腺の発達が促されているからです。
この作用を一時的なものでなく、継続的なものにすることができれば、必然的にバストアップにつながると考えられます。

だからといって、エストロゲンの分泌量を意識的にコントロールすることは難しいですよね。
そこで、エストロゲンの代わりの役割を果たしてくれる、イソフラボンの摂取がおすすめです。

イソフラボンはエストロゲンと分子構造が似ているので、レセプターと呼ばれるエストロゲンを受け止める受け皿と結びつき、エストロゲンと同じ効果を発揮することができるのです。

意識的にイソフラボンをとり続けて、ブラのサイズが2サイズもアップしたという女性もいるようです。
しかし、あまり効果が見られないという女性もいるなど個人差もあるようです。

それは、たとえイソフラボンを同じ量ずつ摂取した女性同士を比べても、生活習慣やストレスなど、エストロゲンの分泌やはたらきを阻害する要因があった場合は、イソフラボンの効果を十分に発揮することができないためであるからです。
イソフラボンの摂取に加え、ストレスをためない生活や、毎日規則正しい生活を送ることも大切です。

イソフラボンの女性の胸に対しての効果は、実はバストアップだけではありません。
イソフラボンは意外なことに、エストロゲンが過剰な時には正常な量まで抑えるという調整機能ももっています。
その機能のおかげで、エストロゲンの過剰分泌が原因といわれる、乳がんの予防にも役立つのです。

ほかにも女性には嬉しい美肌や美白効果などの、様々な効果があります。
ぜひイソフラボンの摂取を根気よく、続けてみてください。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.