大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

黒豆からイソフラボンを摂取

黒豆は、大豆の一種で黒い皮が特徴です。
黒豆には、他の大豆と同様にイソフラボンが豊富であることに加え、アントシアニン、サポニンという3種類のポリフェノールが含まれています。
強い抗酸化作用のあるポリフェノールには、細胞の酸化や老化を防止したり、血液をサラサラにしたりする効果があります。
イソフラボンだけでなく、黒豆一つで数種類のポリフェノールをバランスよく摂取することができるため、白い大豆よりも注目されつつあります。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同様のはたらきをし、ホルモンバランスの崩れによって引き起こされる症状を改善したり、美容やダイエットなどに様々な効果があります。

アントシアニンは、ブルーベリーやビルベリーなどの、濃い色の色素の皮や実に多く含まれます。
黒豆では黒い皮に含まれ、目の健康に関するサプリメントに必ずと言ってよいほど使用され、視力改善や眼精疲労の改善が期待されています。

サポニンは、黒豆を煮るとぶくぶくと出てくる泡の正体です。
動脈硬化の原因となる過酸化脂質が増えるのを抑制したり、糖質の吸収を下げるなどの作用があります。

黒豆にはポリフェノールの他にも、数種類のビタミンやミネラル類、食物繊維、オリゴ糖など様々な栄養が含まれています。
ダイエット効果や便秘解消、がんや生活習慣病の予防にも有効で、美容にも健康にも効果的であることが分かります。

黒豆は、煮豆やサラダに入れるなど色々な食べ方ができますが、飽きずにこまめに飲むことのできる黒豆茶をおすすめします。
緑茶やウーロン茶などと違い、カフェインが入っていないお茶のため、妊娠中やカフェインの摂取に制限がある方でも飲むことができます。

黒豆茶は、ティーバッグに入れられて市販されており、お湯を注ぐだけで手軽に作ることができますが、黒豆から自分でお茶を作ることもできます。
作り方は、まず水洗いをして、フライパンでよく炒り乾燥させます。
その後、急須などに入れ熱湯をかけて、数分蒸らせば完成です。

お茶を飲んだ後に残った黒豆も、ぜひ捨てないで活用してください。
お餅やお菓子作りの材料として再利用すれば、無駄なく食べられます。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.