大豆イソフラボン&プエラリア・ミリフィカ情報

画像
Check!

イソフラボンはニキビにも影響ある?

ニキビは、肌から正常に排出できなくなった皮脂が酸化し、アクネ菌のエサとなって菌が増殖することにより起こります。
アクネ菌は誰の肌にもいる菌で、もともとは肌に必要な菌ですが、増えすぎてしまうことで悪さをしてしまいます。
ニキビケア商品のほとんどは、できてしまったニキビを治すためのものばかりです。
しかし、イソフラボンはニキビができる前の根本的な段階に作用し、ニキビをもとから改善させることができるのです。

イソフラボンは、ホルモンバランスの崩れによってできるニキビに効果があるとされています。
イソフラボンがニキビに効くメカニズムを、ニキビのタイプ別に3つに分けてご説明します。

1.思春期ニキビ

思春期は、成長ホルモンの分泌が活発になる時期です。
成長ホルモンが皮脂の分泌を過剰にし、毛穴を詰まりやすくしてしまうことによってニキビができやすくなってしまいます。

この場合は、ホルモンバランスを整え、皮脂の分泌を正常な量に抑えることが必要です。
イソフラボンはそのような役割を果たしてくれる成分で、大豆食品からとるか、イソフラボン入りのスキンケア商品、またはニキビケア商品の使用がおすすめです。

思春期や成長期の場合、イソフラボンには女性ホルモンと同様の作用があるため、サプリメントの使用は推奨できないことになっています。

2.女性の大人ニキビ

女性の身体にも少なからず男性ホルモンは存在していますが、過剰な分泌はニキビの原因となります。
男性ホルモンの分泌を促すのは、不規則な生活やストレス、食生活の乱れなどです。
女性ホルモンとのバランスが崩れると、古い角質が蓄積されて肌のターンオーバーも正常でなくなってしまいます。
この場合は女性ホルモンであるエストロゲンの不足を解消し、男性ホルモンとのバランスを保つことが大切です。

また、生理前にできてしまうニキビはメカニズムが違います。
プロゲステロンというホルモンが生理前に増えることによって、もう一つの女性ホルモン、エストロゲンとのバランスが悪くなります。
この時にも、エストロゲンを補うことで改善が見込めるでしょう。

エストロゲンを増やすには、エストロゲンと分子構造の似たイソフラボンが効果を発揮します。
イソフラボンの摂取によって、エストロゲンを疑似的に補うことができるのです。

イソフラボンは大豆食品の他に、サプリメントで身体の中から補うこともできます。
メイクをする機会の多い女性は、落としきれなかったメイクなどの汚れによって毛穴詰まりを引き起こしているパターンが良く見受けられます。
イソフラボン入りのクレンジングや洗顔フォームを使用してしっかりとメイクを落とすこと、その後のスキンケアにもイソフラボン入りのスキンケア商品を使用してみると、さらに効果が実感できそうです。

3.男性ニキビ

女性の大人ニキビの項目でも触れましたが、男性ニキビの原因も、男性ホルモンの過剰なはたらきによるものです。
ニキビがオイリー肌の男性に多いのは、男性ホルモンによって皮脂の分泌が活発になっているためで、古くなった角質がたまってアクネ菌の温床になっていると考えられるからです。

女性の体内に男性ホルモンが存在するのと同様、男性の体内にも女性ホルモンは存在します。
イソフラボンを摂取することによって、女性ホルモンの割合を疑似的に増やすことができます。
イソフラボンには、ニキビの改善に加えてひげを薄くする効果もあり、男性にとっても一石二鳥といえます。

男性も大豆食品、サプリメント、洗顔フォームや化粧水などの使用でイソフラボンを補うことができます。

スキンケア商品など身体の外から補う場合は問題ありませんが、サプリメントの過剰摂取は精子量、性欲の低下や筋肉が付きにくくなるなどのリスクが心配です。
男性の場合は、過剰摂取によるリスクも念頭に入れておきましょう。

Contents

Pick UP!

Ranking

    実力派!
    総合1位
    キッコーマン 基本のサプリ

    バストアップに!

    ハイスピードプエラリア100

    健康に!
    イソラコン

Other Topics

Copyright© 2010 Isoflavone Power Site All Rights Reserved.